< img src="https://mc.yandex.ru/watch/88750453" style="position:absolute; left:-9999px;" alt="" />

2.2インチ半透過型ディスプレイ

►半透過型ディスプレイ
►2.2「半透過液晶
►解像度:240×320ドット
►視線方向:すべて
►インターフェース:MCU
►ドライバーIC:GC9203
►RTP/CTP:オプション
►明るさ(cd /m²):280
►外形寸法:40.30×54.36×2.20(T)mm

SKU: 10000 カテゴリー:

一般仕様

アイテム価格 Contents [show] ユニット
サイズ 2.2 インチ
LCMディメンション 40.30(W)* 54.36(H)* 2.20(T) mm
LCDアクティブエリア 35.08 * 43.82 mm
ドット数 176 * RGB * 220 ピクセル
LCDタイプ a-Si TFT、通常は白、
ディスプレイモード 半透過型
視線方向 すべて
ドライバIC GC9203
インタフェースのタイプ MCU
運転温度 -20℃〜70℃
貯蔵温度 -30℃〜80℃
バックライトタイプ 3のLED

インタフェース

LCMPINの定義

NO。 シンボル 製品説明
1 XL NC
2 YU NC
3 XR NC
4 YD NC
5 GND グラウド
6 IOVCC I / O電源(1.8V / 2.8 / 3.3V)
7 VCI 電源(2.8V / 3.3V)
8 Fマーク フレーム同期信号
9 CS チップセレクト信号。
10 RS データ/コマンド選択の表示
11 WR MCUパラレルインターフェースでイネーブルを書き込みます。
12 RD 8080MCUパラレルインターフェースでイネーブルを読み取ります。 低アクティブ。
13 SPI_SDI シリアルデータ入力。
14 SPI_SDO シリアルデータ出力。使用しない場合は開いてください。
15 RESET リセットピン
16 GND グラウンド
17-32 DB0~DB15 データバス
33 A バックライトアノード用電源
34 K バックライトカソード用電源
35 K バックライトカソード用電源
36 K バックライトカソード用電源
37 GND グラウンド
38 IM0 注1をご覧ください

電気的特性

 DC特性

アイテム価格 シンボル ミン タイプ マックス ユニット
電圧のTFTゲート VGH 14 15 16 V
TFTゲートオフ電圧 VGL -11 -10 -9 V
TFT共通電極電圧 Vコム -2 0 V

一般的な動作条件

アイテム価格 シンボル ミン。 Typ。 マックス。 ユニット
アナログ供給電圧 VDD 2.65 2.80 3.3 V
デジタル供給電圧 VDD V
I/O供給電圧 IOVCC 1.65 1.8 / 2.8 3.3 V
入力高電圧 HIV 0.7 * VDD VDD V
入力低電圧 VIL 0 0.3 * VDD V
出力高電圧 VOH 0.7 * VDD V
低電圧出力 VOL 0.3 * VDD V

 バックライト回路の特性

アイテム価格 シンボル ミン。 Typ。 マックス。 ユニット
LED電流 IB - 60 - mA
LED電圧 Vf 2.8 - 3.3 V
CIE X 0.265 0.285 0.335
Y 0.26 0.28 0.330
LCMの明るさ - - 200 - CD / m2

電気光学特性

透過モード

注:色の色度はLCD専用です。

反射モード

LCDモジュールの使用に関する提案

ディスプレイパネルはガラスと偏光子でできています。 ガラスは壊れやすいので。 特に端部での取り扱い時に欠けたり、欠けたりする傾向があります。 落としたり、不快感を与えたりしないでください。 落としたり、衝撃を与えたりして機械的衝撃を与えないでください。

表示パネルが破損して液晶物質が漏れた場合は、口に入れないようにご注意ください。 皮膚や衣服に付着した場合は、石鹸と水で洗い流してください。

表示面や隣接する部分に無理な力を加えないでください。色調が変化する場合があります。 素手でディスプレイに触れないでください。 これにより、表示領域が汚れ、端子間の絶縁が低下します(一部の化粧品は偏光子に決定されます)。

LCDモジュールの表示面を覆う偏光子は柔らかく、傷が付きやすいので、この偏光子は慎重に取り扱ってください。 露出したポラライザーをHB鉛筆の芯よりも硬いもの(ガラス、ピンセットなど)で触れたり、押したり、こすったりしないでください。 表示領域に跡を残さないように、表示領域に物を置いたり取り付けたりしないでください。 表面の結露や寒さによる端子との接触は、偏光子を傷つけたり、汚したり、汚したりします。 製品を低温でテストした後、室温の空気と接触する前に、容器内でウォームアップする必要があります。

ディスプレイの表面が汚れた場合は、表面を呼吸し、柔らかい乾いた布でそっと拭いてください。 ひどく汚染されている場合は、次のいずれかの溶剤で布を湿らせてください。

- イソプロピルアルコール

–エチルアルコール

表示面を傷つけないように、強くこすらないでください。

上記以外の溶剤は、偏光子に損傷を与える可能性があります。 特に、以下は使用しないでください。

- 水

–ケトン

–芳香族溶媒

唾液や水滴をすぐに拭き取ってください。長時間水に触れると、変形や退色の原因になります。 油脂との接触を避けてください。7.7電極の腐食を最小限に抑えるように注意してください。 電極の腐食は、水滴、水分の凝縮、または高湿度環境での電流の流れによって加速されます。

取り付け穴を使用してLCDモジュールを取り付けます。 LCDモジュールを取り付けるときは、ねじれ、反り、歪みがないことを確認してください。 特に、IOケーブルやバックライトケーブルを無理に引っ張ったり曲げたりしないでください。

LCDモジュールを分解または処理しようとしないでください。

NC端子が開いている必要があります。 何も接続しないでください。

論理回路の電源がオフの場合は、入力信号を印加しないでください。

静電放電制御、このモジュールはCMOS LSIを使用しているため、通常のCMOSICと同様に静電気放電に注意する必要があります。 静電気による要素の破壊を防ぐために、最適な作業環境を維持するように注意してください。

– LCMをパッキングケースから取り外したり、セットに組み込んだりする前に、モジュールと身体の電位が同じであることを確認してください。 LCDモジュールを取り扱うときは、必ず本体を接地してください。

–はんだごてなど、組み立てに必要な工具は適切に接地する必要があります。はんだごてのAC電源に漏れがないことを確認してください。 電動ドライバーを使用してLCMを取り付ける場合、モーターの整流子から発生するスパークを生成する電磁波の伝達を可能な限り最小限に抑えるために、ドライバーは接地電位である必要があります。

–発生する静電気の量を減らすために、乾燥した状態で組み立てやその他の作業を行わないでください。 静電気の発生を抑えるため、作業中の空気が乾燥しすぎないように注意してください。 50%〜60%の相対湿度をお勧めします。 可能な限り、作業服と作業台の電位を接地電位にしてください。

– LCDモジュールは、ディスプレイ表面を保護するためにフィルムでコーティングされています。 静電気が発生する恐れがありますので、この保護フィルムを剥がす際はご注意ください。

LCMは高精度に組み立ておよび調整されているため、モジュールに過度の衝撃を与えたり、モジュールに変更や修正を加えたりしないでください。

–金属フレームのタブの形状を変更、修正、または変更しないでください。

–プリント回路基板に余分な穴を開けたり、形状を変更したり、取り付けるコンポーネントの位置を変更したりしないでください。

–プリント回路基板のパターン書き込みを損傷または変更しないでください。

–ゼブラゴムストリップ(導電性ゴム)またはヒートシールコネクタは絶対に変更しないでください。

–インターフェースのはんだ付けを除いて、はんだごてで変更や修正を行わないでください。

– LCMを落としたり、曲げたり、ねじったりしないでください。

保管方法

23°C±5°Cの周囲温度、55%±15%の相対湿度で保管してください。 12か月を超えないようにし、日光または蛍光灯にさらしてください。

ほこり、活性ガス、溶剤のない清潔な環境で保管してください。

LCMモジュールは倉庫に保管されています。帯電防止容器に保管されています。偏光子の表面の保護フィルムと偏光子の間に気泡がある可能性があります。LEDライトの下でのみ確認できます。製造前に、IQCはLEDライトで直接検査する必要があります。残留痕跡が見つかった場合は、アルコールを使用して拭き取ってください。

レビュー

口コミはまだありません。

「2.2インチ半透過液晶ディスプレイ」の最初のレビュー

あなたのメールアドレスは公開されません。

上へスクロール